タイで30年 テレビ・CM製作のコーディネーター タイミカサ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近隣の宝石事情

これまで鎖国のような国ミャンマ、難民の国だったカンボジアなどには、興味ある
宝石の露天掘りが見られます。一時は東南アジア特にタイの宝石市場ということで、
多くの業者さんも展開されておりましたが、価値観の変化などからスリランカなど
の中継地点としてのタイの鮮明さはなくなった感じですが、如何でしょうか。
インターネット情報などから容易な情報下、現場に行かなければわからない、そし
てあるチャンスを夢見させる宝石の露天掘りは興味あるものではないでしょうか。
カンボジアのパイリン地区のサファイヤ、10年以上前には大きなサファイア石を
得て、一夜にして大金持ちサファイア御殿と呼ばれる全チーク材の御殿を建てた方
もおりました。そして政情が変化しつつあるミャンマには、鳩の血の色赤いルビー
の露天掘りのあるモゴック、中国人には貴重な輝石として取り扱われるチン族の治
めるチン州のヒスイの露天掘りなどございます。このチン州ではダンプで近くの川
原に露天掘りされた石が大量に運び込まれる。この現場にはたくさんの人間が屯し
ており、石が届くと我先に取り合いその石を水につけながら、一攫千金の夢のある
ヒスイの多く含まれた石を必死で探す光景が出現します。このヒスイの石は、水で
ぬらすと一部大小の緑の点が出てくる。この大きさで親方に持ち込み大きく割って
みるとその緑の厚さが出てくる。それがその日の収入につながり、一攫千金にも係
わるのである。その現場にはスクリーンを張った堵場が立ち、労務者の僅かな収入
を吸い上げて、その場を離れられないしがらみを作り上げている。
ミャンマでは、ヤンゴンで毎年、政府主催の宝石展示会が立つ。また中心のボジョ
ー市場には、多くの個人や業者が集まり宝石の売り買いがなされているが、宝石の
統制には厳しいものがあるので注意を要します。次の機会には、その一攫千金の夢
のある場所まで詳しくお書きしようと存じます。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。