fc2ブログ
 

タイで30年 テレビ・CM製作のコーディネーター タイミカサ

2010年虎年に絡んだ撮影ネタは。。。。。。。

2010年は寅年。干支に絡んだ撮影ネタはとなりますと、タイにもありま
す。
タレントが直接トラと絡んでネタを。。。。。と言う場合には、チェンマイ
メーリムにありますタイガーキングダム、トラの数は20頭ほど。本来の繁
殖と飼育はウボンラチャタニで行われております。ウボンラチャタニは、ま
だ訓練されておりませんが、チェンマイは飼いならされているとの事。もち
ろん禁止事項は守らければならないが、触る事もできるようです。撮影とし
ては、もう少し立ち入った要求をせねばならないと存じますが。
これまでもいろいろ協力いただいたシラチヤータイガーズー、バンコクから
車で約1時間半で訪れる事が出来る。160頭近くのトラが飼育されている
トラ園。ここでは豚に育てられるトラの子供など、以前話題になったロブリ
ー県ロブリー陸軍動物園、ここではたまたま初産のトラの子供が、大雨で流
されたためスタッフが戻したが、臭いがついて母トラは乳を与えず、園長の
中佐は、思い切って市内の子供を産んだ犬を探し出し小虎を子犬に交えたら、
この母犬、小虎に乳を与え子供のように育てる。小虎と子犬は一緒に育って
その後も一緒の檻の中で生活、むしろ犬の方が強かったと言う映像を、TB
Sわくわく動物ランドで紹介させて頂きましたが、その後の話題になってお
ります。因むにこのトラでは、山崎ほうせいさんが逆に檻に入り、トラを放
して逆パターンの取材も致しました。何せ大きな体で歩き回りますから、仕
込んだ私たちも接してびくびくでした。戦闘に動物を使えるか防げるかを、
研究する軍の動物園だったからこそ協力いただけた取材だったですね。でも
このシラチヤータイガーズーでも、今回ショーにタレントさん参加させて頂
いての取材もさせていただきました。全くの放されているトラですから、結
構関係者気を使いました。撮影的には、ここでは他にワニショーへの参加、
数学豚、サソリクイーンなど興味あるアトラクションが、多く見られます。
チェンマイ動物園には、アルミノの白いトラも見ることが出来ます。古い動
物商の方からではないかと存じます。以前はこんな興味も外国動物商とかサ
ーカス位でしたが。
仏教国タイらしくカンチヤナブリ県サイヨークには、タイガーテンプルがあ
ります。1999年以来タイミャンマ国境に生息する虎、傷ついた虎を保護
し野性に返す施設としているようです。住職の宗教的管理下の虎?と言う感
じで近寄るには難しいですね。撮影でも結構苦労致しました。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック