タイで30年 テレビ・CM製作のコーディネーター タイミカサ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な国、タイその3

ラオスに参り、友好橋を渡ってノンカイ、ウドンタニに戻ったお話いたしました。
このノンカイ、ウドンタニ県近辺でも、これまでの撮影手配の中で、ネタとして取り上げたもの
が、多くあります。
ノンカイでは、メコン河流域にて、岸辺に高い土の塔が多数点在する時期があります。本当
に不思議な現象です。これは何かといいますと、3メートル近いミミズが作り出すものです。
3メートル近いミミズ見たことありますか。威容ですね。バンコクのヤワラ中国人街に参ります
と、このミミズ含めて漢方薬として乾燥されたものが売られております。メコン流域調査の対
象にもなっているようですよ。
このノンカイでの雨季入り時の怪奇現象として、メコン河の水底より打ち出されるような?火
の玉、バンファイパヤナークと呼ばれる竜神ロケットがあります。多いときにはその流域で数
百発が上がるともいわれております。タイのテレビ局毎年撮影クルーを送って、この不思議に
迫ろうとしております。いまだに人的なのか。。。。。これは影を潜め、燐などの自然現象なの
か解っておりません。毎年多くの国から、県からそれを見ようと集まってきます。ナショナルジ
オグラフィーなど潜水チームまで出して、不思議に迫ろうとしましたが、メコン河の赤い粘土質
の透明度ない川水にて、目的が果たされておりません。
ウドンタニでは、日本のそうめんに似た米粉の麺、カノムチン作りの村があります。このカノム
チン、タイのどこのエリアに行ってもありまして、冠婚葬祭全てで必ず出されるものです。これ
をここでは、村興しに作っております。皆様ご存知のグリーンカレー、ゲンキオワンなどで食べ
るものです。引越しそば、年越しそばを思わせます。朝のうちに、近隣地域に売られるこのカノ
ムチン作り、米粉を溶いて熱水に流し込まれて作られる様子は見ものです。またここには、べ
トナム戦争当時より難民として参った、ベトナム人の食文化もあります。ネムムアンと呼ばれる
豚肉団子であり、ムーヨーと呼ばれるベトナムソウセージ、グンパンオイとよばれるサトウキビ
に巻いたエビのすり身など、いずれも多くの野菜と一緒に食べる為、ヘルシーさで好まれて食
されております。
ベトナム戦争当時、このウドンタニには多くのアメリカ軍人が駐屯しておりました。北爆に対す
るラオスへの軍事行動拠点として、サタヒップ東海岸からランパーン経由ナコンパノム、ここか
らラオス領シエンクワンへの北爆に向かう拠点として、アメリカ沿岸警備隊が無線通信担当で
駐屯していたようです。CIAが麻薬操作の事件を作る拠点でもあった様で、駐屯中にタイ女性
と結婚したり、帰隊後戻ってきたりで、パタヤなどに引けを取らぬアメリカ旧軍人の街です。日
本人など相手にされません。それは。。。。。。結婚したタイ女性の子供たちの多くが、タイの
芸能界を風靡しておりますので、将来の金の卵を得るからです。そこに集まる女性たちは、自
分より生まれてくる子供たちにかけるわけです。タイ人と変わらぬ目の細い日本人などには、
目もくれません。2009年5月には、日本人が捨てていった混血児が、父を捜してなど暗いタ
イの内政問題から目をそらす為、話題になりました。この報道に新聞テレビが飛びつき、その
結果更に多くの混血児が名乗り出ましたが、アメリカ人、ヨーロッパ人と子供を作るこの東北
タイの女性達は、十分将来を計算しつくしているのではないでしょうか。強さを感じます。
このウドンタニから東に100キロほど参りますと、サコンナコン県にでます。ここは、メコン河
を挟んでラオスに国境を接します。この県のパナットニコム郡には、飼っている水牛を面倒み
る犬がおります。朝、飼われている数頭の水牛を雑草の多い餌場に連れて行き、夕方その
水牛を牛舎に戻します。終日水牛のそばから離れませんし、餌は腹持ちの良いもちごめを
与えられるにすぎません。先頭の水牛の背中に乗って移動する姿は、村人たちの話題にな
っております。バンコクには、字の読める犬ビザ君が、追ったり変わった動物ネタにも事欠き
ません。
そしてここには、サマイさんと言う心霊治療者がおります。これは、信じるとか信じないでなく
て、苦しむ病気が治った痛みが引いたなど、治療を受ける方の気持ち次第ではないでしょう
か。以前番組でも話題になりましたが、一度心霊治療研究者、脳波測定器など持ち込んで
撮影いたしました。許可を得て、脳波測定器を付けさせて頂きました。受霊前に設置、その
時には正常な脳波の周期でしたが、受霊すると共に直線になってしまいました。電力が落
ちたのか、家が傾いているのではないか、いろいろな条件をチェック致しましたが、問題は
ありませんでした。どう考えたらよいか解りませんでした。
ここの治療と言うのは、体のある部分に噛み付くように致します。多分口の中で、カマイタチ
のような現象が起こるのでは?と考えられるように、咥えた横の形ではなく、立てに切り口
が付きます。それを指で広げますと、中から髪の毛、ピン、クリップ、ハリなどと真っ黒な血
の塊が出ます。出した後その傷口は、なぞるようにしてふさぎます。傷口は多少ちにまみれ
ております。縫うとか無くくっついてしまいます。その傷口は、2ヶ月ほどで白い傷口を残すの
みです。化膿止めの抗生物質を飲む程度で、他の治療は一切ありません。歩けず戸板で運
ばれた患者さんが、1時間ほどの治療で支えられて歩いて帰る姿も見ました。
世界まるごとハウマッチ、なるほどザワールドなどの番組の時代には、面白いネタを提供出来
たようです。こんなネタの掘り起こしは、コンピュウター検索の時代、そこではなかなか上がら
ぬネタとして、面白いのではないでしょうか。これからいろいろ提案してまいりたいと存じます。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。