FC2ブログ
 

タイで30年 テレビ・CM製作のコーディネーター タイミカサ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父ヤソトン国際交流の足跡

TBS世界まるごとハウマッチ、覚えておいでですか?
大橋巨泉さん司会で、石坂浩二、たけしさんレギュラー出演の番組でしたが。
この番組の中でも結構メンダー(タガメムシ)、ゴキブリのような話題になったの
ですが、多くのタイネタがありました。釘抜き心霊治療など思いで深いネタもあり
ました。
そんな多くのネタの中で、打ち上げるロケット一発ハウマッチで紹介致したこのネ
タが、こんなに長く関わるとは思いも依りませんでした。まだまだヤソトン県は、存
在せず、大きなウボンラチャタニ県の一部でした。こんなに大きなネタになるとは思
わず、こんなネタがあると言う情報だけで取り上げたものでした。たまたま会社近く
の古式マッサージに入り、マッサージを受けながらひょんなことからこの話が。丁度
マッサージしてくれているおばさんが、それは私の実家付近が中心だよ、との話に
なりまして、じゃーバス代出すから話してくれないかと駄目元にて依頼。他のネタを
撮影して戻ってきてまたマッサージを受けに入ったところ、おばさんが来て、全て手
配済みとの話になりまして、それでは行かねばなるまいと半信半疑で同行。まず
村に着きましたら、ピー(東北タイでは我々外部の人間は悪霊)を除霊すると言う事
で、長老たちが集まっているところに、そこで村人から両手のひじから手首までぎっ
しりとサイシンなる聖糸をクルー全員が巻かれてしまったが、案内のおばさん曰く、
これで我々がいる間事故があったり、子供が病人になったりしても村の一員になった
のだから、我々は悪霊達と追い払われないだ、そうです。それから始まった撮影の
手配は、コーディネーターの私以上のおばさんの段取りの良さ、ロケット製作の段階
的シユミレーショーンあり、村の真ん中の道を挟み二つのグループに、それぞれにタ
イダンスの踊り子チーム、ロケットを載せた山車、パレードと素晴らしい祭りになった
のです。それもそのはず、そのおばさん、マッサージのおばさんとおもっていたのが、
なんと村長の娘さんだったのです。

この時は、困ったのは打ち上げ場所、田植えもはじまっているところもあり、やたらに
許可取れず、仕方なくメコン川をはさみラオスに。政情不安な折、急いでこの地を離
れました。打ち上げの時、最初は見くびってロケットの近くにカメラスタンバイ、点火、
突然の轟音に撮影そっちにおいて逃げ惑いましたことも思い出です。

ところがこの時の映像を見て、旧吉田町よりご連絡があったのがこの交流の始まり
でした。確か最初のご連絡頂いたのが平成4年だったと存じます。そして1994年、
平成6年11月タイに最初の視察団がお越しになりました。この時は確か6名でした。
この視察を機会に、平成7年、1995年5月正式な招聘をヤソトン市より頂き、この交
流は、交流の一歩を踏み出した訳です。確かこの時は8名でした。1996年、平成8
年5月に第2回訪タイ団がヤソトンに。そしてタイより第1回の訪日団46名が、10月
ウイラワット市長を団長に秩父にお伺いいたしました。日本側では、1997年にヤソト
ン会が発足致しております。1999年、平成11年には、姉妹都市宣言に署名、在日
タイ大使、マヒドン王女など参加が見られるようになりました。本年までタイ側参加者
580名にならんとしております。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。